恵比寿のパーソナルトレーニングスタジオrinato トレーナーの山田 峻です。
梅雨に入り、天気が崩れる日が続きますね。
皆様、体調管理にはお気を付け下さい。
さて今月のスタッフブログは「ダイエットの正しい方法」について書かせて頂きます。

まず初めに、何をもって正しいのか?ということです。
とりあえず痩せれば正しい、短期間で○㎏落とせば正しい、考え方はさまざまですね。
私が思う正しいダイエットとは、一生涯、理想の体重でいられることだと思います。
もちろん多少の変化はありますし、意図的に増やすことや別の理由で一時的に増えてしまうこともあります。
男性の場合は筋肉を付ければ重くなりますし、女性の場合は妊娠で増えてしまうのはもちろんですね。

そういった場合を除いて、自分の理想の体重を生涯キープすることこそが成功と言えるのではないでしょうか。

それができる方法こそがダイエットの正しい方法と言えると私は思います。

 

 
その為にはまずダイエットを短期的ではなく長期的に捉えること。
食事の内容を見つめなおし、長く続けられる食生活にしていくことが大事なことだと思います。
そうなると、じゃあ一生我慢しなくてはいけないの?
食べたいものをずっと食べれないの?
という風に考える方もいると思います。
そんなことはありません。
まずはそういう考え方から変えていきましょう。
一般的なダイエットのイメージとして、食べたいものを我慢する、食事量を減らす、野菜中心の食事にする、等があると思います。
半分合っていて半分間違っています。
食べたいものをずっと我慢する必要はありません。
食べるタイミングや量を少し気にするだけでいいのです。
食事量を減らす必要もありません。
何を減らして、何を増やすかを知れば食事量は変わらずに痩せれます。
野菜中心にする必要もないのです。
肉や魚は積極的にとっていいのです。

正しい知識をつければ、しっかりと食事をとりながらも痩せることができるのです。

 

 

 
もう一つ大事なことはストレスを溜めないことです。

ストレスが溜まるとほぼ間違いなくリバウンドが起こります。
まれに我慢し続けて、体重をキープできる方がいますが、大半の方が我慢の限界がやってきて、どうでもよくなり食欲が爆発してしまうと思います。
過度の食事制限や間違った食事法はストレスを溜めやすいですね。
適度の我慢は必要ですが人によって我慢の量も違うと思います。

大事なのはストレスをできるだけ減らして、できる範囲で食事を改善していくことだと思います。

ストレスを溜めないようにするには頑張りすぎないことが大切です。
頑張りすぎると過度の我慢や食べてしまった時の罪悪感、反動が強くなりストレスを感じやすくなります。

60%の頑張りでゆるーく頑張ればいいのです。

そうすれば多少食べてしまっても、どこかで調整すればいいや~、と気持ち的にも楽ですね。

ダイエットは頑張りすぎなくていいのです!!

 

 

 
今回のブログで詳しい食事の内容などは残念ながら書ききれませんが、

「ダイエットの正しい方法」とは

ダイエットを長期的に捉えること
ストレスを溜めずにゆるーく頑張る、ことです。

 
短期間で結果を求めるとどうしても頑張りがちになり、過度な食事制限をし、
その結果ストレスが溜まりやすい、という悪循環に陥ります。

 

ゆっくり、長く、適度に食事を気にする。
これだけでいいのです。

 

気づいたら痩せてるくらいが丁度いいです。(笑)

 

 
頑張りすぎず、ゆるーい気持ちで今日の食事を気にしてみましょう!!

体験の申し込みはこちらから!

■体験申込フォーム
■料金プラン
■rinatoについて
■トレーナー紹介
■お客様の声