恵比寿のパーソナルトレーニングスタジオrinatoです。
ダイエットをしている人が気にする定番というと・・・

カロリーというワード。

b39b1d249285a2fead4237a9b210689361b6ff951403528812
※これはカロリー◯イト…

 

ダイエットのセオリーとして、
摂取カロリー>消費カロリーだと太り…

消費カロリー>摂取カロリーだと痩せる!

というものがありますが・・・。

嘘ではないのですが、これに囚われていると、泥沼にハマってしまうことがあります。

 

何故かと言うと、単なるカロリー計算だけをしていると、判断基準が

これはカロリーが高いか?低いか?
になってしまい、食べ過ぎていないか?
ばかり気にすることになります。

また、食べ過ぎてしまった場合は、カロリーを消費しようと運動量を増やし、やせるためにはさらに消費カロリーを増やそうということをしてしまいます。
このような単純な足し算引き算だけをしているとどうなるか?

 

実は栄養不足になります。

 

カロリーを減らしすぎると栄養不足になるのはわかりますが・・・。

それだけでなく、カロリーを気にしすぎることが栄養不足を助長する可能性があるのです。

 

なぜなら、低カロリーを意識しているとまずなにを減らすか?
恐らくもっともカロリーが高い脂質を減らすことになります。

次に何が減るか?低カロリーな野菜やきのこなどのばかりを食べていると…。

タンパク質が不足します。

タンパク質を摂取しようとすると必然的に肉や魚に多い脂質を摂ることになりますから、タンパク質を十分に摂ろうとすると、カロリーが増えすぎてしまうことに抵抗がある人が多いんですね・・・。
そうなると、脂質の少ない鳥のササミなどを食べることになってきたりするのですが…。
こんな食生活つまらないですよね・・・。

 

まだ、ササミを食べているのであればいいですが、低カロリーばかりを意識するために、栄養が少ないスカスカだけどお腹に嵩が溜まりそうな野菜やこんにゃく、低カロリー食品などで満足しようとする傾向になります。

実際、野菜は低カロリーでヘルシーなんていいますが、水分や食物繊維がかなり多いので、意外と栄養価は低かったりします。

また、オメガ6たっぷりのドレッシングや、低カロリーを意識しすぎるために糖質たっぷりのノンオイルドレッシング…糖質を避けるがあまりに人工甘味料が入ったノンオイルドレッシングなど…。

体に悪いもので栄養価の低いものを食べるという大惨事…。

このような食の間違いだけでなく、ここで消費カロリーを稼ぐための運動がプラスされるとまた最悪です。

何故か?
運動は何もカロリーだけを消費するものではありません。

カロリーを消費する時にはミネラル・ビタミンなどの栄養素も消費します。
脂肪燃焼だけを意識していると…筋肉を作るため…だけでなく骨を作る…いやいや生命維持のために必要な栄養素が不足してしまう恐れもあります。

ただでさえエネルギー過多で栄養不足の食生活をしている方々が、運動することでエネルギーは消費できたとしても、さらに栄養不足を助長してしまうことになります。

だって、低カロリーで栄養価の低いものばかりを食べているから…。

 

はい。何が必要か?
栄養価が高い食べ物を食べることですね。
で、なによりタンパク質とミネラル・ビタミンの多い、肉・魚・卵・豆類などが必ず”多め”に摂取できていることが重要なわけです。

それでも難しい!運動量が多い!
筋肉をしっかり付けたい!という場合にプロテインを利用するのもありです。

※弊社ではヘンププロテインという少し特殊なプロテインが売っています!

 

カロリーについてはまだまだたくさん書きたいことがありますが…
今回はとりあえずここまでです。

カロリーではなく、タンパク質、脂質(種類も)、糖質(GI値も)を気にするとカロリーの見方がかわりますね。

体験の申し込みはこちらから!

■体験申込フォーム
■料金プラン
■rinatoについて
■トレーナー紹介
■お客様の声