クーラーで身体がだるくなっていませんか?〜冷房病対策〜

冷房病対策

8月になりましたね!

ま、まだ8月・・・。
今年は暑くなるのが早かったからか、夏がとても長く感じています。

こうも暑いとクーラーは欠かせませんね。
皆様もクーラー漬けの生活が続いているのではないでしょうか?

冷房病対策

クーラーを使うと、身体がだるくなる、食欲が無くなる、手足が冷えるなど、
『クーラー病』と言われる症状が出る事があります。

これは、自律神経のバランスが乱れた状態なんです。

 

なぜクーラーを浴びると身体がだるくなるのでしょうか?

それは、クーラーを使うと外と中の温度差が激しくなり、体温調整が上手く出来ない身体になってくるからです。
温度調整が出来ないという事は、汗をかきにくくなるということ。
すると、身体の中に老廃物や疲労物質などが溜まっていき、疲れやだるさを感じます。

 

でも、クーラーをつけないと暑くて寝れなかったり、夏はやっぱり欠かせないですよね。
何より今年は熱中症の危険が高まっているので、暑さの我慢は大変危険です!

という事で、クーラー病にならないように対策が必要となってきます。

まずは、設定温度。そうされている方も多いかと思いますが、28℃前後がベストです。
でも、会社だと設定を変えれない状況も多いと思います。

そういった場合は、出来るだけ自分の身体を保温してあげてくださいね。
ノースリーブで冷んやり二の腕なんてご法度ですよ!
腹巻をする、上着を羽織る。
当たり前な事ですが、それだけでもかなり違います。

最近は可愛い腹巻きも多いですよ〜
私はune nana coolの腹巻きがお気に入りです♪
バカボンにならず、女の子らしくお腹を温められます。

 

次に運動です。
やはり汗をかくことで体温調整しますので、帰りはウォーキングなどして少し汗をかくといいですね。
お風呂に入って汗をかいたり、温かい食べ物を食べて汗をかくのも効果的です!

こんなに暑いのに〜!? と思われるかもしれませんが、クーラー病になるよりはるかマシです!
ここは頑張りましょう!

かくいう私もクーラーはすごく苦手だったのですが、汗をかくことで今年はクーラー病を回避できています。

本当に少しでも違いますので、一日一回の汗を目標に、何でもいいのでぜひやってみてくださいね!